スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いらっしゃいませ!&このブログの主旨に関して

はじめまして、関東圏で旧車の探索をしているお味噌と申します。ここでは関東圏で発見した貴重な旧車(90年後半までの車種)達を中心にご紹介します。
早速ですが私は旧車がとても好きです。しかし時の流れやオーナー様の諸事情、昨今の補助金政策等により旧車は減る一方でこざいます。そこで私はそれら旧車が今だに根強く生きていたのだという軌跡を皆さんにお届けしようと考えこのブログを立ち上げました。
車自体もそうですがやはりオーナー様が1台の車を何十年にわたり維持されてきたというのはほとんどが並々ならぬ努力と愛着心によるもので大変素晴らしいことです。撮影後亡くなってしまった個体もありますがオーナー様それぞれの事情で手放されるのでそれに関してはあまり申し上げません。皆さんも温かい目でご覧ください。

注意!
・当ブログの画像の無断転載はご遠慮ください。
・ブログで紹介されている各個体の場所の質問に関しましてもご遠慮ください。
・記事の中での訂正すべき箇所や記事で紹介した個体のオーナー様が当ブログにお越しいただき、写真を消してもらいたいたい等ありましたらコメントまでお願い致します。

それではごゆっくりご覧くださいませ。

車名の前に付いている記事内の記号について
○→偶然本拠発掘に至った個体または施設等に来客していた個体、道路で走行していた個体
◎→ストリートビュー(以下ストビュー)で本拠発掘に至った個体
□→非常に親しい方に場所を開示して頂いた個体
車名・グレードの後に付いている数字→当ブログでのその車種のモデルのカウント数(なおセダン・HTで分かれている場合も同じモデルとして合算します)
スポンサーサイト

今後のお知らせ

暫く更新が開き、申し訳ありませんでした。
当方大学行事等に積極的参加をしていたため、更新する機会がありませんでした。
それゆえ最近は探索自体も行っていませんがストックがありますので今後もそちらで更新をおこなっていきます。
今月は少なくとも2記事は更新予定です。

走り書きとなりましたがよろしくお願いします。

(第13回)~開設1周年記念~アツいぞ!真夏の赤色旧車大特集!!

副題:「アーチーチ!アーチー!!」(by郷ひろみ)
ご無沙汰しております。
ただいま帰京の新幹線内で記事を執筆しております(笑) といますのも先月30日より関西~九州方面まで旅行に向かっていた帰りでして。。。
途中関西では2日ほどかけ列車に乗ったり探索したりと楽しみました。その肝心の探索、2日間ながら色々と出土しましたよ!一部においては爆弾個体や関西方面の同業者さんが公開されてないものと思われるのも含まれており、某氏から「悔しい・・・」なんて声が聞こえそうですww
本来であれば本記事は先月20日前後に書きたかったところですが、その後21日より大学主催の気仙沼ボランティアに6日間かけ行ってきたためずれ込みました。気仙沼のほうもいい経験が出来ましたが本題ではないので先へ進みましょう。
今回の特集はブログ開設1周年記念(とは言っても半年ほど休んでましたが汗)ということで紹介する5台全て真っ赤な個体をお届けします!多くの車種にとって赤色の個体は希少かつ見ごたえのあるもの。個人的にも赤個体が出てくるとより一層魅力というか感激も増します。
赤だらけの本記事、涼しくなるこれからに向け、これを見てココロもカラダもアッチッチになりましょうw
では参ります!

1. ○三菱・4代目ミラージュ後期X?①(2014年7月撮影)
IMG_0181.jpg
IMG_0174.jpg
本ブログ初の4代目ミラージュ!地元におりまして、ここのすぐ近所に3代目のミラージュサイボーグがいたりとある意味恐ろしい地域ではありますが赤色のこちらもなかなかであります。個人的に前期の4ドアサルーンが一番好みであったりしますが3ドアもよく纏まったデザインだと思います。故徳大寺氏なんかは同年登場のEGシビックと似ている、など指摘されておりましたが・・・。
バブル期の開発とあって内装も贅沢に作られているようで。途中1.6MIVECエンジンを積んだサイボーグの復活やV6エンジン搭載車が登場したりとエンジンも三菱らしく多様なラインナップでした。
こちらの個体残念ながらグレードを確認できず。

2.◎トヨタ・A60型セリカXX後期GT②(2015年3月撮影)
IMG_7461.jpg
IMG_7464.jpg
さっそく2台目の登場、2代目XX。所沢56ナンバーですが都内某所でリーチ。同業のT氏と地元~都内北部まで自転車で案内した際に初めて一緒に見に行きマジマジと見ておりましたw
貴重な赤個体、状態は良くないですが車検は無事通っておりました。何となーく栃木のそれと駐車場所が似てますね。

3. ○マツダ・GFカペラ前期Li①(2015年2月撮影)
IMG_6411.jpg
IMG_6397.jpg
個人的に好きなこのGFカペラ、いたら必ず収めるスタンスをとってますがこの赤は非常に衝撃的でした。2桁というだけでなく当時通っていた高校に程近いところの月極でしたので・・・。しっかしその後現地でもストビューでも、この個体は見ておりません摩訶不思議ですねぇ。。。
普及グレードLiと思われますがカペラワゴンならまだしも、カペラセダンでは大変貴重な赤個体の1台です。

4.□ 日産・B12型サニー前期SGL?②(2015年8月撮影)
IMG_9189.jpg
IMG_9190.jpg
同業J氏の案内でT氏と共に拝見した個体。J氏発見から5年ほど経っておりましたが、未だ現役でいたようで本人も驚いておりました。前期自体でも大変貴重であるにも関わらず赤だなんて「なかなか、シブイんじゃない。」
その後の探索でも沼津ナンバーを付けた白の前期スーパーサルーンの来客個体が出てきたりとなかなかに「あかぬけてる」一日でしたw
グレードこそ分からないもののドアサッシュがブラック塗装、バンパーが無塗装という点から上から2番目のSGLかその下のGLかと思われます。

5. ◎トヨタ・AE92型スプリンタートレノ前期GT-Z①(2015年8月撮影)
IMG_9123.jpg
IMG_9117.jpg
IMG_9118.jpg
特集記事のトリを飾るのに相応しい真っ赤なAE92の登場!
昨年冬にリーチをかけて無事収めましたが、写りの良さから再訪時の写真を出しました。地元から案外近かったこともさることながら、この真っ赤な色にスーパーチャージャー搭載の希少グレードGT-Z、そして樹脂部は若干褪せているものの屋外保管とは思えない艶のあるボディには感動でしたね。
それに6月車検だったようですが見事通過。まだ生き延びることを期待しております。
IMG_5247.jpg
▲OP品のアルミでない標準鉄チンホイールが泣かせます・・・!
興味深いことに捕獲後、調べていたら以前よりYahoo!ブログでここから数駅離れた駅交差点で収められた同個体と思しき写真が上がってました。その記事によると「老夫婦が仲良く乗っていた」ようで。若者が好みそうな真っ赤なスポーツカーを老夫婦が操るなんてなんとも微笑ましいです。
IMG_5229.jpg
IMG_5230.jpg
▲デカール類も一切欠け無し。大変美しいです。。。
そして最近ではその画像を使ったTwitterのツイートが出回ったりしてましたが未だにここの本拠の画像は出てこないですね。同じ通り沿いにはこれまた30系コルサ後期の現役がしぶとく生き残ってたりするのですが・・・。

以上5台をお届けしました、いかがでしたでしょうか。
コメントもお気軽にどうぞ!次回もお楽しみに!!

〜一周年記念アンケート実施!〜

早速ですがこの度アンケートを実施する運びとなりました。
皆さんから改善点やこの企画を取り入れてほしい等ご要望ありましたらコメント欄にて一筆お書きくださいませ。ちなみに今夏は今回の栃ナンバー企画の他にもう一記事ほど企画モノを用意しております。お楽しみに!

(注:場合によってはアンケートの回答内容が反映されないことがあります。ご了承ください。

20150805234509b75.jpg
↑先日撮影のスバル360後期型。この愛らしいデザインを見ると何だか気持ちが安らかになります。

(第12回)一文字ナンバーの魅惑。

副題:「一文字ナンバーは、いいね。(by坂本龍一)」
以上、今回の記事に何ら関係のないY31登場時のパロディでした笑 しかしあと2年もすればY31の初期型は30年選手になるとは時間の経過は恐ろしいもので・・・。
今回は5月に向かいました栃木遠征の結果、それも一文字ナンバー個体を厳選してお届けします!
半日回りましたが、私が思っていた以上に旧車が多く残存しており驚いた栃木都市部ですが、色々考えますとJR線などの駅までのお迎え等が主であまり距離が伸びず、結果的に多く残ったのではないかと仮定しておりますが真相やいかに!?

1.◎トヨタ・A60型セリカXX後期2000G①(2015年5月撮影)
IMG_1451.jpg
IMG_1455.jpg
本ブログ初のセリカXXであります。今までも数台発掘出てきてますが、本家セリカのほうがよっぽど少なく・・・。
一文字ナンバーであることもさることながら、Gというグレード、後で調べましたらOHCエンジンの下から二番目のグレードという相当な強者であることが判明。DOHCターボを搭載したGT系が殆どですからこれは希少ですね。
GT系はスポイラーが大型であったりいかにも走りそうな仕様ですが、こちらのGの外装は控えめで何となくお買い物でスーパーに行くのにも似合いそうですw
G専用デザインのドリル風純正アルミと相まってノーマルの佇まいが実に素晴らしい一台。

2.○日産・P312型ブルーバード後期(グレード不明)①(2015年5月撮影)
IMG_1496.jpg
これはもはや太古車と言っていいのではないでしょうか、初代ブルーバードのシングルナンバー現役個体が出てきました。
太陽がモチーフの某家電量販店のキャラクターカバーが目につきますが、極上コンディションで保管環境も良さそうですね。
ブルーバードの原点ともいうべき初代。現地で見ても小さいな、と感じたのですが全幅1496mmという数値は現行パッソ(1665mm)はもちろんのこと、現行軽自動車の規格(1475mm)とも比べても約2cmしか変わらないというミニマムさ。末裔の現行シルフィ(1760mm)までのモデルを重ねるごとにいかに大きくなったかが判ります。特に先代ブルーバードシルフィから現行に移行したと同時に3ナンバー化したので・・・。次期型は原点回帰を目指してもらいたいですね(ただ今の日産は日本市場をk・・・)

3.○日産・U12型ブルーバード前期SEサルーン③(2015年5月撮影)
IMG_1400 (2)
IMG_1401 (2)
IMG_1406 (2)
早くも本ブログ3台目となるU12型。今回は前期セダンに下から二番目のグレード&触角という大物個体の登場です。それにしてもSEサルーンと聞くと当時売れた90系スプリンターの定番グレードが浮かんできます。
料亭の駐車場におりましたがストビューでは写っておりませんでしたので来客個体かもしれません。
さてこのSEサルーン、当時の販売価格が135万8千円だそうですがセダン最上級のSSSアテーサリミテッドはなんと284万5千円と約150万円差!しかも最廉価に1600LEというのが控えてますから更に価格差はあり・・・。ガソリンセダンのなかで比較的グレード別で価格差のある現行マークXでも最廉価と最上級グレードの開きは約130万円ですし。
SSSアテーサリミテッドに少しお金を積んだらC33ローレルのメダリスト系最上級グレード(2000ターボメダリスト)が買えてしまうというハイテク満載なグレードであったようです。とSEサルーンとなんら関係ない話に・・・(汗)
しかしいつ見ても端正な箱型3ボックスは飽きが来ません。

4.○ホンダ・EF型シビックシャトル前期55X①(2015年5月撮影)
IMG_1528.jpg
IMG_1514.jpg
IMG_1519.jpg
今回の目玉ともいうべきシビックシャトル。55Xというグレード、商用4ナンバーのプロ系を除くと乗用グレードで一番下のグレードらしくこれまたえらいものを引いたな、とw
後期型のビーグルでさえなかなか見ないだけあって前期の廉価モノにビジュアル的にも面白い一文字ナンバーの組み合わせは感動しましたね。屋根下保管で程度も良好でした。いやぁしかし、先述のU12個体もそうですがだいたいこの年式まで一文字ナンバーが適用されていたとは驚きましたね。
EFシャトル、私のなかではどうも幼少期に近所にいた個体の記憶や実用性が高い車種、といった理由でまだまだ残っているだろうという錯覚が起こっていますが未だにその癖が直りませんね笑
特にホンダの旧車は部品供給が壊滅的と聞きますがこの個体も可能な限り現役続行をお祈りしたいところであります。

以上計4台をお届けいたしました!都内のナンバーは昔のものでも二文字なものですからやはり新鮮に感じました。
巷では噂の(?)京ナンバー地域も聞いている限りなかなか魅力的ですねw
次回は本ブログ開設一周年記念(ブランク期間はありましたが汗)ということで特別企画をお届けしたいと思います!!
プロフィール

お味噌の旧車研究室

Author:お味噌の旧車研究室
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。